窓口支援事例

新しい工芸品「肥後斑塗り」の開発(塗装技術・建築資材) ,

会社名
有限会社 坂商
会社概要
当社は、業歴12年の建築資材加工(集成材練り付け)を手掛ける製造業であり、床の間材・リフォーム材等の和風造作材を主として生産しています。2015年に経営革新計画として熊本県の承認証を受け、付加価値向上・特注・色合わせ等のお客様ニーズに応え、伝統を守り、且つ高品質な商品提供を目指して、事業に取り組んでおります。
相談カテゴリー
実用新案、商標
窓口活用のきっかけ
八代商工会議所から、同社は新しい塗装技術を用いた建築資材を開発中であるが、この新製品で特許又は実用新案の権利化ができないか?また同社は、過去に知財活動(特許等の出願など)の経験が全くないので、支援して欲しいとの要請を受け、支援を開始しました。
窓口活用での効果
同社は、今回の支援を通して知的財産権について理解を深めて頂き、その重要性について認識して頂くことが出来ました。特に、他社商品との差別化が可能となる事で、同業界において市場優位性に繋がることを認識して頂きました。今後は、この新製品が同社主力となる事を期待し、更に知財活動が今後の事業に有意義に活用されることを願っています。