窓口支援事例

商標出願で販路を拡大しよう! (農産加工品)

会社名
阿蘇さとう農園
会社概要
 当社は阿蘇山のふもと、カルデラの中で農業と農産加工品づくりを行っています。栽培は農薬・化学合成肥料・除草剤を使用しない方法です。その野菜を漬物等に加工しています。主な商品は、地域特産の阿蘇高菜漬けです。当社は新規就農と同時に農産加工品づくりを始めました。地域で育った作物を、外に発信していきたいという想いで進めています。これから、地域の担い手として活動していければと思っています。
相談カテゴリー
商標登録
窓口活用のきっかけ
 同社が、6次産業化について支援を受ける中で、6次産業化プランナーから「商品名はすぐ真似されるので商標登録を行った方が良い。」と勧められ、知財総合支援窓口を活用されることになりました。
窓口活用での効果
 商品にあったネーミングの検討を行い、商標出願を行ったことにより、その後は積極的に商品のPRを行うことができるようになり、様々な食品関係の展示会への出展や商談会にも参加し安心して自社商品および商品名のアピールをしました。その結果、商品名が浸透し多くの方々に自社商品を知ってもらうことができました。また、熊本県等が主催する「熊本県農産加工食品コンクール」において金賞を受賞。マスコミの取材も増え、商社から声が掛り阿蘇地域で販売されていた商品が、熊本市内での販売も検討されるなど確実に販路が拡大してきました。商品がすばらしいのはもちろんのこと、商標出願を活用したPR効果の表れだと思います。