窓口支援事例

商標を活用して自社事業を有利に進めよう!(サービス業)

会社名
株式会社BOASORTE
会社概要
当社は『結婚』をキーワードに、ブライダル総合プロデュース事業と結婚支援事業を主に行っており、ブライダル総合プロデュース事業内容は、結婚が決まったかたの結納から顔合わせ、結婚式に関して取り扱っております。また、ブライダル業従事者向けのプロフェッショナル認定セミナーの開催も行っております。
相談カテゴリー
商標、契約・法務
窓口活用のきっかけ
同社は、ブライダル総合プロデュース事業と結婚支援事業の両事業について熊本県よろず支援拠点に相談していたところ、「事業で使用する名称を商標登録した方がいいのではないか」と知財総合支援窓口を紹介され、当窓口を訪問されました。
窓口活用での効果
弁理士による支援を受け、ご自身で出願を完了し、無事に登録査定となりました。また、他社が新規開業するリゾート施設でのブライダル事業に参入することになり、商標のライセンスの整備が必要になったため、更に弁護士によるライセンス契約に関する支援を行いました。今回の商標登録出願を機に同社の知財への意識が高くなり、社名を含めたその他の商標についても権利化を検討されるようになり、知財は自社事業に役立つということを認識して頂けたと思います。