窓口支援事例

ゴミステーション「クークン®」の知財活用と事業化支援 ,

会社名
DC企画合同会社
会社概要
当社は、社会に貢献できる商品の開発を目標とし、アイデア商品の開発、製造販売業として平成27年2月に設立しました。ワンタッチ開閉ごみステーション「クーくん®」を中心に高齢者に負担のかからない商品の提供を進めています。また、ごみステーションを通して、自治会住民と企業等のより良いコミュニケーションを促進し環境美化につながる努力をしています。
相談カテゴリー
特許、商標、契約・法務
窓口活用のきっかけ
同社は、ワンタッチごみステーションを開発し、将来的に販売することも計画していたことから、他人に真似されないようにと権利化することを検討し、直接特許事務所に相談したところ知財総合支援窓口を紹介され、活用されることになりました。
窓口活用での効果
同社は、知財総合支援窓口を活用することによって、知的財産の重要性、特にその権利を活用する際の契約がいかに大事かということを理解して頂いたと思います。知財総合支援窓口、弁護士を活用することにより、それまで滞っていた契約書作成、他社との交渉と一歩ずつ前進してきました。事業としても現在のところ順調に進んでいます。