窓口について

知財総合支援窓口は、INPITによる「平成29年度 知財総合支援窓口運営業務」事業であり、
・窓口に配置する支援担当者が、中小企業等の知的財産に関する悩みや課題をその場で解決支援(知的財産権制度説明、先行技術調査、電子出願等の手続支援、知的財産に関する各種支援策の紹介)
・高度な専門性を必要とする内容は、専門家を活用して支援担当者と共同して解決支援
・知的財産を事業の発展に有効活用していない中小企業等を発掘して、より多くの中小企業等の知的財産活用を促進
等を行っています。
お気軽にご相談ください。
ご相談イメージ

【ご利用になる前に】
知財総合支援窓口をご利用になる前に、ご利用案内(相談者の方へ ~ご相談の前に~)をご一読ください。

窓口支援、専門家相談について

窓口支援

知財総合支援窓口では、中小企業等の知的財産に関する悩みや課題をその場で解決支援を行っています。
・自社の技術力を事業に活用したい
→特許等の制度説明を通じて知財を認識
・研究開発の成果を適切に保護したい
→特許等権利化すべきかノウハウ管理すべきか助言
・先行技術を調べたい
→特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)での調査方法を支援
・電子出願したい
→電子出願の支援を実施
・知財の効果的な取得について支援してほしい
→知的財産に関する各種支援施策の紹介

知財専門家支援

窓口担当者が対応した相談のうち、担当者が高度な専門性を必要とすると判断した内容は、専門家を活用して支援担当者と共同して解決支援を行います。
【知財専門家とは】
・各支援人材(弁理士Navi、弁護士知財ネット、知財支援人材データーベース等)を活用して支援します。
・相談内容に応じて県内外の支援人材が対応します。
(相談料) 無料

訪問相談

・窓口支援担当者が受け付けた課題のうち、地理的・時間的等、様々な制約により
窓口来訪が困難と判断される企業等に対する解決支援を訪問により実施。
・また、即時解決が困難である上に訪問しての解決支援が効果的であると見込まれる課題(例:チームによる解決支援、または、継続的な支援が必要な課題のほか、事業化プラン、知財戦略の策定など、多様な企業情報を要するもの、等)について、訪問により実施。
(相談料) 無料